住吉区の整体「創輝鍼灸整骨院」TOP > 野球肘 病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

野球肘が病院や整体で、一向に良くならない方へ

野球肘は成長期のピッチャーや、トップレベルでオーバーユースを余儀なくされる選手に多くみられます。

引き起こす原因により肘の内側や外側、後ろに痛みの出る症状です。

投球時や、投球後の痛みが特徴で、パフォーマンスに大きな影響を与えます。


あなたは、このようなお悩みありませんか?

野球肘のイメージ写真 check1 全力で投げることができない
check2 ストレッチやアイシングで良くならない
check3 試合が近いので、休んでいられない
check4 野球を続けられるか不安
check5 練習に打ち込めないので成長できていない


せっかく調子が良く、成績を残せていても、肘の痛みに悩まされると、練習量を減らすか、休むかを選択せざるをえません。


では、野球肘になってしまったら、運動量をセーブしながら続けないといけないのでしょうか?

そんなことはありません。

もちろんフォームが悪かったり、無茶な使い方をしているという方はそちらの原因を解決しないといけません。

ここでは、多くの野球肘の方が未解決な、治すために必要な要因について、お話していきます。


当院の野球肘に対する考え方、治療法

一般的な病院での治療は、投球数を制限したり、投球動作の禁止で痛みの緩和を図ります。

症状が、ひどくなり軟骨や骨、靭帯に損傷のみられるものには手術が行われます。

一般的な整体院では、肘周りの筋肉のストレッチやマッサージが行われます。


これらで、痛みが緩和することはあるでしょうが、ある『本当の原因』を解決しないと、痛みの再発を防ぐことは困難です。

では、その『本当の原因』とは、いったい何なのでしょうか?

野球肘の原因は、肘だけにあるのでしょうか?


そこで、肘の痛みの原因になりうる3つの要因について紹介していきます。


1つめは、鎖骨のバランスが崩れ、肩の上がりが悪くなっていること。

野球肩の自己チェック写真


ピッチャーは、投球動作の繰り返しです。


それにより、左右の鎖骨のバランスが崩れ、肩の動きに影響を与えます。


肘を痛めた選手が、無理をすると肩まで痛めるように、鎖骨のバランスが崩れると、肩の上がりが悪くなり肘に大きな負担をかけることになります。


2つめは、肘の骨のバランスが崩れ、関節の動きが滑らかでなくなっていること。

肘は、3本の骨で構成され、それらが相互に関係しあって動いています。

その3本の位置関係が崩れていると、肘は滑らかに動きません。

結果、過度の負担がかかることになります。


そして3つめは、手首の8つの骨のバランスが崩れ、指の動きが悪くなっていること。

指の動きが悪いと、無意識に無理なフォームになってしまいます。

肘の痛みに伴い、指の動きがイメージ通りに動かないという方は、ここまで整えないといけません。


この3つの要因を解決すると、肘周りの筋肉や関節の負担を減らすことができ、何度も痛みを引き起こすということがなくなります。

せっかく才能があり、人よりすぐれたピッチャーでもケガには勝てません。


またレベルが上がれば上がるほど、酷使することも必要なので適切な治療法、セルフケア方法を、アスリート自身が知っておく必要があります。

痛みと付き合いながら悶々と野球を続けていては、もったいなさ過ぎます。

トップレベルで活躍する選手、そこを目指す選手こそ痛みのない状態でプレーできるに越したことはありません。

あなたの活躍を、心待ちにしている人が多くいるのですから。


整体施術料金について

・初回の料金       8,000円(税込)

治療費5,000円+初検料3,000円

初めて来院される方は、問診、検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、別途初検料が3,000円必要となります。


・二回目以降の料金    5,000円(税込)

二回目以降は一律5,000円になっています。


野球肘の治った生活を想像してください。

住吉区長居の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪市住吉区長居3-2-3

→メールでのお問い合わせはコチラ


▲ページトップに戻る