病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

野球肘が痛くて、全力で投げたくても投げれない方へ

あなたは、このようなお悩みありませんか?

  • check1 痛みのせいで全力で投げられない
  • check2 なかなか治らないので、野球を続けられるか不安
  • check3 試合が近いので、休んでいられない
  • check4 練習に打ち込めないので活躍できていない
  • check5 病院や整体に行っても良くならない

野球肘には一つの特徴があります。

それは才能があり、練習をしている選手ほどなりやすいということです。


野球肘は成長期のピッチャーに多くみられるスポーツ障害の一つで、別名リトルリーガー肘とも呼ばれます。

小学生から高校生の幅広い年齢にみられ、その中でも11〜12歳頃の発症が最も多くなります。

投げ過ぎが原因となるため、実力のある選手ほど、練習は熱心にし、試合でも登板回数が増えます。


そのため、フォームが悪い選手はもちろん、フォームのキレイな選手でも負担が蓄積してしまい、発症するケースも珍しくありません。

最初は肘の違和感から始まり、悪化とともに投球後に痛みが出るようになります。

悪化していくにしたがって、投球中、何もしてない安静時にも、痛みを感じるようになっていきます。


痛みを抱えたまま無理をして投げ続けた最悪のケースでは、肘の曲げ伸ばしができなくなったり、骨が剥離骨折や壊死を起こして手術を受ける必要が出る場合もあるため、早めに治療を受けることが重要です。


野球肘で悩む、ある野球少年の話です。

彼は甲子園にもよく出場するような有名な野球強豪校のピッチャーをしていました。


甲子園に出たい、可能ならばプロにもなりたい、という強い情熱を持って、毎日遠くの学校に通い、夜遅くまで続く厳しい練習にも耐えて、実力を伸ばしていました。

そのかいあって、周囲にも活躍が認められるようになり、試合にも登板できるようになりました。


ところがある日、投球時に肘に違和感を感じるようになりました。

練習を休んだり、不調を訴えると、試合に出れなくなるかもしれない・・

そんな不安を感じると、自分から練習量を減らしたり、休んだりすることはとても出来ませんでした。


そして、徐々に肘の状態が悪化し、強い痛みを感じるようになってしまったのです。

肘が痛くて投げるのがツラく、痛みをこらえて投げても、全力のピッチングには程遠い状態。

近くの整骨院に通って、マッサージやストレッチといった治療を受けても良くなりません。


安静にしているしかなく、それまで控えだったチームメイトがマウンドに立ち、ピッチングをしている姿をベンチで眺めるしかない自分の姿。

肘さえ痛くなければ、あの場所で投げているのは自分のはずなのに。もっと活躍できるのに・・! と悔しさを噛みしめていたそうです。


野球肘で悩む子は、このようなお悩みを持っているケースが珍しくありません。

この少年は、その後当院に来院して、肘の痛みなく夏の大会にエースとして出場することができました。


ですが、野球肘に悩む多くの選手は、近くの整体や整骨院に通っても痛みが良くならず、そのまま貴重な時間を安静にすることで過ごすしているケースが少なくありません。

そのため、当院に来院された患者さんも、本当に治るのかどうか、不安だったそうです。


でも、安心してください。

当院ではそういった方たちに関しても、通院された方が改善していくケースは珍しくありません。

それは当院が野球肘の根本原因を把握し、その原因を解消できるからです。


野球肘の分類

野球肘は野球でよく起こる肘の障害の総称で、実際には次の3つの分類があります。


1.内側型

内側型野球肘のレントゲン写真


肘の内側に痛みを感じるタイプで、野球肘では一番多くみられます。

肘の内側の骨や靭帯が筋肉に引っ張られることで発症し、筋肉や靭帯、骨膜に炎症を起こします。

重症の場合は靭帯が切れたり、上腕の剥離骨折がみられます。


2.外側型

外側型野球肘のレントゲン写真

肘の外側の骨同士がぶつかることで、痛みを生じます。

肘の外側に痛みと、曲げ伸ばしができないロッキングと呼ばれる症状がみられることがあります。

重症の場合は軟骨に異常が起こり、上腕の骨が壊死したり、一部が欠けて関節の中に入り動きを阻害する『関節ねずみ』と呼ばれる状態になり、手術が必要になるケースがあります。


3.後方型

後方型野球肘のレントゲン写真

上腕の筋肉によって画像の赤い丸の部分が引っ張られ、肘の後ろ側に痛みが生じます。

重症の場合は剥離するケースと、骨が隆起して曲げ伸ばしが出来なくなるケースに分かれます。


野球肘を引き起こす3つの根本原因

まず、一般的に言われている野球肘の原因には、次のものがあります。

  • 1.悪いフォームでの投球
  • 2.筋肉の柔軟性不足
  • 3.股関節の動きの硬さ
  • 4.変化球の使い過ぎ

野球肘は、これらの原因の1つ、または複数を抱えることで、発症すると考えられています。

ですが、実際には変化球の使い過ぎを除き、なぜ悪いフォームになってしまうのか、なぜ柔軟性が悪くなったり、股関節の動きが硬くなるのか、という根本原因を説明し、解消できるところは限られています。


当院が考える、野球肘を引き起こす根本原因は、次の3つです。

  • 1.肘の骨のバランスが崩れ、関節の動きが滑らかでなくなっている
  • 2.鎖骨と肩甲骨のバランスが崩れで、肩の上がりが悪くなっている
  • 3.姿勢が悪くなり、全身の動きの滑らかでなくなっている

これらの根本原因によって、一般的に言われている1〜3までの原因も引き起こされています。

原因の具体的な内容は次の通りです。


1.肘の骨のバランスが崩れ、関節の動きが滑らかでなくなっている

肘は前腕の内側の骨と外側の骨、上腕の3本の骨で構成されています。

これらの骨が正しい位置にあることで、肘の関節は滑らかに動くことができます。


ですが、投球動作の繰り返しによって、これらの骨のバランスが崩れてしまうと、肘に常に余計な負担がかかることで筋肉が緊張し、痛みを引き起こす原因になります。


2.鎖骨と肩甲骨のバランスが崩れ、肩の上がりが悪くなっている

肘の下がった投球フォームが良くないことは、ピッチャーを続けている少年ならば、必ず指導されることです。

なぜ、指導されていて選手自身も気を付けているのに、肘が下がってしまうケースがあるのでしょうか?


それは、鎖骨や肩甲骨のバランスが崩れることで、肩の上りが悪くなってしまうためです。

肘を上げたくても、上がらない状態になってしまっています。


投球動作の繰り返しによって、左右の鎖骨や肩甲骨のバランスが崩れてしまいます。

鎖骨と肩甲骨のバランスが崩れると、肩の上がりが悪くなり、意識をしていても肘の下がった投球フォームになってしまい、肘に大きな負担をかけてしまいます。


3.姿勢が悪くなり、全身の動きの滑らかでなくなっている

野球は投球やバッドのスイングといった、片側の動作が極端に多い競技です。

そのため、練習をすればするほど、筋肉のつき方や骨格のバランスに左右差を生んでしまいます。


骨格のバランスが崩れると、姿勢が悪くなります。

そして、次に関節に負担がかかります。

その上、関節の動く範囲の制限が起こり、肩が上がらない、体が開く、動きの伝達がスムーズにいかないという問題が起こり、手投げになってしまい肘に負担がかかってしまいます。


野球肘は、以上の3つの原因によって肘に負担がかかりやすい状態になって、引き起こされます。


野球肘が当院の整体で改善される3つの理由

1.野球肘の根本原因を改善できるから

一般的な多くの整骨院や整体では、野球肘に対して、肘の筋肉に対して、マッサージをしたり、ストレッチをしたり、テーピングを貼ったりというアプローチをしています。

しかし、これらの方法では、関節のバランスや姿勢の問題といった根本原因を解決できないため、軽度な野球肘でないと改善がみられなくなってしまいます。


当院では、肘の三本の骨や鎖骨、肩甲骨を適切な位置へと整えます。

また、骨盤をはじめとした姿勢に問題がある場合は、それらのバランスも正しい位置へと整えます。


投球動作を試してもらい、それでも痛みが出ない状態、不安を感じない状態まで、しっかりと治療を行います。


2.体全体を把握し、治療するから

一般的な病院や治療院では、野球肘といえば、肘だけに治療が集中しがちです。

先ほどの根本原因から分かるように、野球肘は肘だけが原因で引き起こされる問題ではありません。


そのため、当院では初回にしっかりと問診や検査、姿勢の写真撮影を行い、その患者さんの抱えている根本原因を把握し、治療を行います。

体の部分と全体、両方を見て治療することで、改善へと導きます。


3.日常生活指導や動作指導を行い、再発を防げるから

野球肘の治療では時折このような光景がみられます。

一人の野球少年が、ゴッドハンドと呼ばれる治療院で治療を受け、野球肘が見事に治りました。


病院や整体に行っても良くならなかった野球肘が治った、とその選手は喜んでいました。

しかし、その後数ヶ月が経って、また肘に痛みが出てしまったり、次々と別の場所を痛めてしまう場合があります。


当院では、痛みが取れた状態がゴールだとは考えていません。

痛みが取れたその後の活躍も視野に含めて、治療を行っています。


実力があり、トップレベルで活躍する選手ほど、体は酷使されていきます。

そのため、世間で言われている一般的なケア方法ではなく、自分の体に合ったケア方法を知っているかどうかは、選手生命やその後の活躍に大きくかかわります。


当院では、その選手に合わせたケア方法や動作指導を行うことで再発の予防まで徹底します。


一般的な病院や治療院での治療法

一般的な病院での治療は、投球を中止し、安静に過ごすことが指導されます。

レントゲンやMRIの撮影で、関節に異常がみられた重症例では手術対象になることもあります。


一般的な治療院では、鍼灸治療やストレッチ、マッサージ、テーピングなどが行われます。


野球肘に対する当院での治療法

当院では、初回に問診や検査を行い、全身の姿勢を確認するため、姿勢の写真撮影も行います。

野球肘を引き起こしている根本原因である、肘をはじめとした鎖骨や肩甲骨といった骨格のゆがみを整え、姿勢の問題も解消していきます。

これらの治療に加えて、体の状態や練習量に合わせた、ケア方法もお伝えします。

また、患者さんの症状の程度に合わせて、すぐに練習を再開しても良いのか、それとも安静が必要なのかもお伝えします。


このような方のお役には立てません

当院では、

「病院や整体に行っても良くならない」という方や、
「一時的ではなく、再発まで防ぎたい」と本気で良くしたいとお考えの方に

通院していただきたいと考えています。

そのため、

  • ・マッサージやリラクゼーションを目的とした方
  • ・1回で全てを治してほしいという方
  • ・こちらがお伝えした内容を、全く実践されない方

このような方のお役には立てませんので、ご了承ください。


整体施術料金について

・初回の料金       9,000円(税込)

治療費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方には、しっかりとした問診や検査を行うことで、症状を引き起こしている根本原因を見つけ、分かりやすく説明をするために、別途初検料3,000円をいただいています。


・二回目以降の料金    6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


お詫び:新規の方は1日限定2名様までです

新規の方は、通常の治療に加え、問診や検査、症状の根本原因についての説明をしっかりと行うため、2回目以降より時間を要します。

そのため、既存患者さんの予約枠確保のため、1日に多くの新規の方を受け入れることができません。


当院では、新規の方の人数を1日限定2名様までとさせていただきます。

あらかじめご了承ください。


よくある質問

治療は何分ぐらいですか?

治療風景

当院はリラクゼーション目的ではなく、治療を目的としているため、何分といった時間設定はしていません。

初回は、問診や検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、目安として45分程度になります。

2回目以降は、15分以内が目安となっています。


根本原因に対しての短時間治療なので、体にかかる負担を最小限にしつつ、効果を最大限に引き上げることができます。

お忙しい方や、遠方からご来院の方も、通院可能になっています。


どれぐらいの期間、通えばいいんですか?

説明をしている場面

症状の程度や、悩まされてきた期間によって、人それぞれ異なります。

初診時に、問診や検査をしっかり行い、あなたの症状を引き起こしている根本原因や、その問題を解決するために要する期間をお伝えします。


追伸:肘を気にせず、全力で投げれるようになるために

野球肘のために長く安静にしている選手は少なくありません。

肘さえ痛くなければもっと活躍できるのに・・。

全力で投げたい、と現状を歯がゆく、悔しく感じているかもしれません。


ですが、そういった方は根本的な原因に対しての治療を受けれていないだけの可能性があります。

姿勢や骨格のバランスといった根本原因を解消することで、練習を続けながらでも改善し、再発をしないケースは多くあります。


もしあなたが本当にお困りなら、ぜひ一度当院にご連絡ください。

あなたのご来院、お待ちしています。


野球肘の治った生活を想像してください。全力で投げることができ、成績を残せる。肘を気にせず、安心して投げれる。休めない大切な試合に出れる。野球を続けられるので、素直に嬉しい。練習に打ち込め、成長を実感できる。

→メールでのお問い合わせはコチラ


大阪の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪府大阪市住吉区長居3-2-3

▲ページトップに戻る