「痛みさえなければ、もっと走れるのに・・」病院に行っても治らない。マッサージを受けても、ストレッチをしても治らない。このような鵞足炎でお悩みの方にこそ受けていただきたい整体です。病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

鵞足炎がどうしても良くならず、痛くて走れない方へ

あなたは、このようなお悩みはありませんか?
  • check2 膝が痛くて全力で走れない
  • check1 長期間、練習を休んでいられない
  • check3 痛みをガマンして動いていたら、どんどん痛みがきつくなってきた
  • check4 マッサージやストレッチをしても良くならない
  • check5 病院や整体に通ったけど、治らない

鵞足炎は走り過ぎによって引き起こされるスポーツ障害の一つです。

一度なってしまうと、足が痛くて走れない。練習もできないし、試合や大会に出ても全力を出せないから活躍できない、とお悩みの方が多くいます。


また、鵞足炎は一般的に治りにくい症状です。

ストレッチやマッサージ、シップなどで治療をしても、なかなか良くなりません。


そのため走りたい、練習したいという気持ちを抑えて、安静にして痛みがおさまるのを待つという方がよくみられます。

治療にかかる時間も長く、数ヶ月から長い方だと数年にも及ぶケースもあります。


その上、長期間安静にしていて、ようやく痛みがおさまってきたからと、練習を再開した途端、また再発してしまうというケースも多くみられます。


鵞足炎は走ったり、かがんだりといった膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで、膝の内側の骨と、付着している筋肉がこすれて炎症を起こし、痛みを引き起こします。


鵞足

太ももの内側から後ろを走る3つの筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)が炎症を起こし、サッカーやマラソン、野球といったよく走る競技の選手に多くみられます。


当院に来院された、あるサッカー少年の話です。

彼はJリーグのユースチームにも所属する、実力のある選手です。


小さなころからプロを目標にして、毎日熱心に練習をしていました。

そのかいもあって、実力はどんどんと伸び、全国大会に出場したり、代表選手に選ばれるようになりました。


このまま順調にプロになる未来が見えていたかもしれません。

しかしある日、彼の膝に痛みが走りました。

最初は違和感ぐらいだったのに、練習を続けていると、痛みがひどくなり、走っていられないような状態にまで悪化してしまいました。


ストレッチをしても、少しも痛みが良くならない。

病院ではシップをもらい、安静にするように言われたけれど、心は焦ってしまいます。


一日も早く復帰したい。思いっきり練習したい。

そんな気持ちとは裏腹に、痛みのために練習を休んで安静にしているしかない。


ボールを蹴る、走るという、これまで当たり前にやっていた動きが、痛くてできない。

痛みをガマンして走っても、キレが悪くて活躍できない。


試合で活躍している他の選手を見て、自分も膝さえ痛くなければ、もっと活躍できるのに。

今頃出場して活躍しているのは、自分のはずなのに・・。


こんなにも、良くなるために色々しているのに、どうして治らないんだろう。

当院に来院したときも、このままずっと痛みが続いたら、競技が続けられないかもしれない・・と不安になっていたそうです。


鵞足炎で悩む子は、このようなお悩みを持っているケースが珍しくありません。

そのため、当院に来院された患者さんの多くも、本当に治るのかどうか、不安だったそうです。


でも、安心してください。

当院ではそういった方たちに関しても、通院された方が改善していくケースは珍しくありません。

それは当院が鵞足炎の根本原因を把握し、その原因を解消できるからです。


鵞足炎を引き起こす3つの根本原因とは?

一般的に、鵞足炎の治療は安静が第一です。

ストレッチやマッサージなど、太ももの筋肉の緊張を取ったり、血流を良くすることで、回復を早めようとします。


しかし、鵞足炎を引き起こしている根本原因である、骨格の問題や、鵞足部以外の治療が出来ていないため、改善がみられていません。


当院が鵞足炎を引き起こすと考えている根本原因は次の3つです。


1.骨盤のバランスが崩れ、体重のかかり方がアンバランスになっている

鵞足

多くのスポーツは、体を左右不均等に使っています。

同じ方向に繰り返し強い力がかかるため、骨盤のバランスが崩れ、体重のかかり方に偏りができてしまっています。


その状態で走ることで、片側の足により大きな負担がかかり、鵞足炎を引き起こす原因となります。

さらに、痛みを抱えた状態で練習を続けていると、自然と痛い側の膝をかばってしまい、その結果、筋肉のつき方や骨盤のバランスに、より大きな左右差を生んでしまいます。


2.足の軸に捻れが生じ、関係する筋肉に負担がかかりやすくなっている

片側ばかりに捻る動作を繰り返すことや、体にゆがみがある状態で練習しつづけることで、太ももをはじめ足の軸に捻れが生じています。

一般的に鵞足炎はX脚で起こりやすい、と言われていますが、X脚は太ももと下腿の捻れによって引き起こされます。


この軸の捻れが、鵞足に関係する筋肉に余計な負担をかけてしまい、鵞足炎を引き起こす原因となります。


3.ふくらはぎの筋肉が過度に緊張している

鵞足炎に対する治療の多くは、太ももの筋肉に対してのものばかりになりがちです。

しかし、多くのケースでは、太ももだけに対して治療をしていても、鵞足炎は改善がみられません。


たしかに、鵞足炎の原因に太ももの筋肉は大きく関係しています。

ですが、鵞足炎を改善しようとすると、ふくらはぎの筋肉の状態を改善することが欠かせません。


ふくらはぎの筋肉は鵞足部に直接付着しているわけではありませんが、ある部分が緊張すると、膝周り全体の緊張を招いたり、足元からの衝撃が吸収できなくなってしまい、鵞足炎を引き起こします。


鵞足炎は、これらの根本的原因を解消していくことで、改善するために不可欠です。


一般的な病院や治療院での治療法

一般的な病院での治療は、まず安静が指導されます。

また、シップや消炎鎮痛薬などが処方されます。


一般的な治療院では、鍼灸治療や、足のストレッチやマッサージなどが行われます。

サポーターやテーピングが用いられることもあります。


鵞足炎が当院の整体で改善される3つの理由

1.鵞足炎の根本原因を改善するから

鵞足炎を引き起こす根本原因である、骨盤のバランスの崩れ、足の捻れ、ふくらはぎの緊張の3つのポイントを的確に治療します。

そのため、病院や整体に行って良くならなかった方ほど、治療を受けて喜ばれています。


また、実際にジャンプや競技の動きを試してもらい、それでも痛みが出ない不安を感じない状態まで、しっかりと整えます。


2.体全体を把握して治療するから

姿勢の写真

当院では写真撮影の検査を行い、体全体のバランスはどのように崩れているのか。

姿勢はどのように悪くなっており、特に負担をかけている場所はどこなのかといった分析も行います。


人の体は、痛みや不調を抱えた部分があると、その影響は全身に広がっていきます。

膝に痛みを抱えていると無意識に体の使い方が変わり、左右の脚の筋肉の着き方にも左右差が生まれたりします。


体全体で帳尻を合わせるため、多くの場合では股関節や骨盤といった関節のバランスまでゆがんでしまいます。


痛みを抱えている膝はもちろん、他の場所にも問題がある場合は、骨格の調整を行うことで、負担を減らし、再発を予防することができます。


3.ケア方法や動作指導を行い、再発を防げるから

鵞足炎の方の大きな悩みは、また再発したらどうしよう、という不安です。

当院では、痛みが取れた状態がゴールだとは考えていません。


痛みが取れたその後の活躍も視野に含めて、治療を行っています。

実力があり、トップレベルで活躍する選手ほど、体は酷使されていきます。


そのため、世間で言われている一般的なケア方法ではなく、自分の体に合ったケア方法を知っているかどうかは、選手生命やその後の活躍に大きくかかわります。

当院では、その選手に合わせたケア方法や動作指導を行うことで再発の予防まで徹底します。


鵞足炎に対する当院での治療法

当院では、初回に問診や検査を行い、全身の姿勢を確認するため、姿勢の写真撮影も行います。

鵞足炎を引き起こしている根本原因である、足の軸の捻れや骨格や骨盤のゆがみを整え、姿勢の問題を解消していきます。


また、鵞足炎に深い関係のあるふくらはぎの状態も良くします。


これらの治療に加えて、体の状態や練習量に合わせた、ケア方法もお伝えします。

また、患者さんの症状の程度に合わせて、すぐに練習を再開しても良いのか、それとも安静が必要なのかもお伝えします。


このような方のお役には立てません

当院では、

「病院や整体に行っても良くならない」という方や、
「一時的ではなく、再発まで防ぎたい」と本気で良くしたいとお考えの方に

通院していただきたいと考えています。

そのため、

  • ・マッサージやリラクゼーションを目的とした方
  • ・1回で全てを治してほしいという方
  • ・こちらがお伝えした内容を、全く実践されない方

このような方のお役には立てませんので、ご了承ください。


整体施術料金について

・初回の料金       9,000円(税込)

治療費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方には、しっかりとした問診や検査を行うことで、症状を引き起こしている根本原因を見つけ、分かりやすく説明をするために、別途初検料3,000円をいただいています。


・二回目以降の料金    6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


お詫び:新規の方は1日限定2名様までです

新規の方は、通常の治療に加え、問診や検査、症状の根本原因についての説明をしっかりと行うため、2回目以降より時間を要します。

そのため、既存患者さんの予約枠確保のため、1日に多くの新規の方を受け入れることができません。


当院では、新規の方の人数を1日限定2名様までとさせていただきます。

あらかじめご了承ください。


よくある質問

治療は何分ぐらいですか?

治療風景

当院はリラクゼーション目的ではなく、治療を目的としているため、何分といった時間設定はしていません。

初回は、問診や検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、目安として45分程度になります。

2回目以降は、15分以内が目安となっています。


根本原因に対しての短時間治療なので、体にかかる負担を最小限にしつつ、効果を最大限に引き上げることができます。

お忙しい方や、遠方からご来院の方も、通院可能になっています。


どれぐらいの期間、通えばいいんですか?

説明をしている場面

症状の程度や、悩まされてきた期間によって、人それぞれ異なります。

初診時に、問診や検査をしっかり行い、あなたの症状を引き起こしている根本原因や、その問題を解決するために要する期間をお伝えします。


追伸:鵞足炎を気にせずに走れるようになってください

鵞足炎は、体が動かすのが好きで、練習熱心なタイプの方に多くみられる症状です。

そのため、一日も早く動けるようになりたい、練習を再開したい。可能ならば、治療をしながら体を動かしたい、と思っている方が少なくありません。


しかし、実際には鵞足炎のために練習もできず、安静にせざるを得ない方が少なくありません。

そういった方は、鵞足炎を引き起こしている根本的な原因に対しての治療を受けれていないだけの可能性があります。


骨格のバランスや足の捻れといった根本原因を解消することで、練習を続けながらでも改善し、再発をしないケースは多くあります。


スポーツに真剣に打ち込み、練習量の多い方ほど、体にかかる負担は大きくなってしまいます。

だからこそ、姿勢や骨格のバランスを整え、体に負担の少ない痛みや不調の出ない体にしておく必要があります。


もしあなたが本当にお困りなら、ぜひ一度当院にご連絡ください。

あなたのご来院、お待ちしています。


痛みを気にせず、全力で走れるようになってください。


鵞足炎が治った自分をイメージして下さい。練習を休まなくていいので、準備がしっかりできる。全力でプレーでき、活躍できる。再発しないので安心して打ち込める。パフォーマンスが上がっていくのが嬉しい。活躍する姿を家族に見せることができる。

→メールでのお問い合わせはコチラ


大阪の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪府大阪市住吉区長居3-2-3

▲ページトップに戻る