1. 住吉区の整体「創輝鍼灸整骨院」TOP
  2. >
  3. 逆流性食道炎
  4. >
  5. 妊婦さんでもできる逆流性食道炎の2つの対策へ
病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

妊婦さんでもできる逆流性食道炎の2つの対策

逆流性食道炎は、胃から食道へ胃酸などが逆流する症状です。

胃酸が逆流することで、食道の粘膜を荒らし、炎症を引き起こします。


一般的な症状として、胃もたれ、胸焼け、げっぷ、腹部膨満感、のどの違和感、呑酸などがあります。

逆流性食道炎は幅広い年代層にみられ、最近では食生活の変化によって、20代〜30代でなる方も増えています。


逆流性食道炎で悩む女性の図

特に妊娠中は、お腹が大きくなり胃を圧迫することもあって、逆流性食道炎になりやすくなっています。

ですが、妊婦の方全員が逆流性食道炎になるわけではないことからも分かるように、もともと胃の強くないタイプの方が妊娠という体の変化によって、逆流性食道炎になってしまいます。


また、妊娠中のキツイつわりや貧血も、同じく元々の胃があまり強くない方に出やすい症状です。

症状がきつくても、妊婦さんは胎児への影響もあるため、積極的に薬は飲めません。


妊婦さんの女性の写真

では、そういった場合は、症状を我慢するしかないのでしょうか?

そんなことはありません。

適切な対策を取れば、症状を和らげることができます。


では、具体的にどのような対策を取ればよいのでしょうか?


少しずつでも押さえて欲しい2つの対策

1.胃に負担をかけすぎない食事にする


胃に負担がかかる食事の写真

妊娠中の女性の多くは、貧血の対策や、胎児のために少しでも栄養を摂ろうと、必要以上にお肉を食べる方がいます。

ところが、タンパク質や脂ものを多く摂ることは、胃に負担をかけ、逆流性食道炎の原因になってしまいます。

食事の割合を、野菜や果物など植物性の食品の比率を高めて、胃の負担を減らすことが重要です。


2.便通をよくする

妊娠中の過度な運動は良くありませんが、ゆっくりしすぎて運動が足りない場合も体に良くありません。

体力や筋力の低下を招くだけでなく内臓機能も低下し、便通を悪くしてしまいます。


便通が悪くなると、腹圧が上がり、ただでさえお腹が大きくなって圧迫されている胃が、さらに圧迫されてしまいます。

一日に少しずつでも、ウォーキングなどお腹に負担のかからない運動を習慣化させることが、内臓機能を十分に働かせるために重要です。


お水を飲む女性の図

また、便通が悪くなっている方は、1日に飲むお水の量の足りてないケースが多いです。

お通じをスムーズに出すには、1日に1.5〜2リットルの水が必要です。

*極端に水の量を増やすことは、胃に負担をかける恐れがあります。

胃の状態を見ながら徐々に水の摂取量を増やしてください。


妊娠という大切な時期をストレスなく過ごせるように

妊娠中は体型やホルモンバランスなど様々な変化が起こるため、ストレスを感じやすい時期でもあります。

その時期に、逆流性食道炎の症状が重なってしまうと、穏やかに過ごすのが困難になってしまいます。


ですが、デリケートな時期でも適切な対策を取れば、逆流性食道炎の症状を和らげることができます。

症状が和らげば、気持ちも体も楽になるので、お腹の赤ちゃんにも良い影響があります。


大切な時期をストレスなく過ごしてください。


当院の逆流性食道炎の施術についてはコチラをどうぞ


関連記事 こちらも合わせてお読みください


長年悩んでいた逆流性食道炎が、薬を飲まずにいけるようになり治りました

患者さんの写真 その3

逆流性食道炎と肩こりに悩んでいました。

どうしても治したかったから、最後に行きつくところですというフレーズと体験談を見て、こちらにかけてみようと思いました。

治療に通って、長年悩んでいた症状が、薬を飲まずにいけるようになり治りました。

ずっと病院へ行っていたのに、行かずに自分の持つ力で体が良くなっている実感があります。

ぜひ来てみてほしいです。

東住吉区在住 R.Nさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


股関節の痛みの改善だけが目的であったが・・・

患者さんの写真 その16

1.股関節の痛み 2.便秘 3.逆流性食道炎

に悩んでいました。

通院に、片道1時間10分〜20分かかること、回数が重なることによる費用のことで迷いましたが、転居前に通院していた先生の紹介なので来院を決めました。

施術を受けて、改善を実感できます。

当初は1のみの目的であったが、2と3も改善されました。

費用対効果は大きなものがあります。

長い人生、この際に体質改善も含めて、来院して下さい。

阪南市在住 阪上 正敏さん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました

患者さんの写真4 伊丹市在住 M.Sさん

胃もたれ、むかつき、胃下垂、胃痛で、食欲があっても食べれない。

また、すぐに胃の不調が出るので、体の疲労感、寝ても疲れが取れないという悩みがありました。

20才前より胃に関して良いこと?(胃薬、ハーブティ、鍼治療など)を色々してきましたが、改善に繋がりませんでした。

遠方で、少し治療費も高いので、改善するか不安でしたが、年々体力も落ちていくので行くことを決意しました。

今では胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました。

時間も、お金も必要ですが、体が変わっていく喜びを感じられると思います。

伊丹市在住 M.Sさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


逆流性食道炎が徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました

患者さんの写真 A.Kさん

逆流性食道炎で、口の中、舌がヒリヒリ、のどに舌たいがひっついた感じがあり悩んでいました

インターネットでいろいろ探して、自宅から近く良さそうだったので、行くことにしました。

治療を受けていくと、徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました。

同じ症状の方、一度来院していただいたら良いと思います。

住吉区在住 A.Kさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


整体施術料金について

・初回の料金       9,000円(税込)

治療費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方は、問診、検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、別途初検料が3,000円必要となります。


・二回目以降の料金    6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


逆流性食道炎の治ったご自分を想像してください。

住吉区長居の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪市住吉区長居3-2-3

→メールでのお問い合わせはコチラ


▲ページトップに戻る