1. 大阪の整体「創輝鍼灸整骨院」TOP
  2. >
  3. 逆流性食道炎
  4. >
  5. 逆流性食道炎の方が過敏性腸症候群にまで悩まされやすい原因とは?
病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

逆流性食道炎の方が過敏性腸症候群にまで悩まされやすい原因とは?

逆流性食道炎は、胃から食道へ胃酸などが逆流する症状です。

胃酸が逆流することで、食道の粘膜を荒らし、炎症を引き起こします。


一般的な症状として、のどの違和感、胃もたれ、胸焼け、げっぷ、腹部膨満感、呑酸(どんさん)などがあります。


逆流性食道炎で悩む女性

逆流性食道炎の方は、同時に過敏性腸症候群も抱えてしまうというケースが少なくありません。

どちらも日常生活への支障が大きく、また一度悪化してしまうと、なかなか改善されない症状でもあります。


そのため、胃薬や整腸剤を飲み続けながら、症状を抑え、過ごしている方も多くみられます。

この日常生活にも支障をきたす逆流性食道炎と過敏性腸症候群には、実は複数の共通した原因がみられます。


では、逆流性食道炎と過敏性症候群には、どのような共通した原因があるのでしょうか?

また、どのような対策を取れば良いのでしょうか?


逆流性食道炎と過敏性腸症候群に共通した原因とは?

1.脂ものや動物性タンパク質の多い食事


ステーキの写真

脂ものや動物性タンパク質の多い食事は、胃酸の量を増やすだけでなく、消化にかかる時間も長いため、胃に負担をかけてしまいます。

普段からこれらの食事をよく食べていると、逆流性食道炎を引き起こす原因になります。


また、動物性の食事は腸内細菌の悪玉菌の割合を増やすため、腸に負担をかけてしまいます。


2.ストレス


ストレスに頭を抱える女性

胃や腸は、ストレスの影響を受けやすい器官です。

胃はストレスを受けると、胃酸を過剰に分泌するため、逆流性食道炎を引き起こす原因となります。


また、ストレスを受けると胃の表面に炎症が起き、胃炎の原因にもなります。

腸はストレスによって、働きに影響を受け、過剰に働くと下痢を引き起こし、低下すると便秘を引き起こします。


3.猫背などの姿勢不良による自律神経の乱れ


姿勢の悪い女性

胃や腸といった内臓の働きを主に調整しているのが、自律神経です。

逆流性食道炎も、過敏性腸症候群も、この自律神経の働きが乱れることによって、内臓の働きに問題が生じ、症状を引き起こしてしまいます。


自律神経は、脳から背骨を伝って全身へと流れています。

猫背といった不良姿勢があると、背骨にある神経の出入り口が圧迫され、自律神経のバランスが乱れてしまいます。


結果、内臓の働きも乱れ、症状を引き起こしてしまいます。


逆流性食道炎や過敏性腸症候群は、これらの同じ原因によって発症するために同時に引き起こされるケースが見られやすいのです。

では、具体的にどのような対策をすれば良いのでしょうか?


逆流性食道炎と過敏性腸症候群を良くするための対策

逆流性食道炎や過敏性腸症候群の原因は、ストレスや自律神経の乱れといった、自分では改善することが難しいものが多いです。


そのため、逆流性食道炎や過敏性腸症候群を改善することは、根本的な原因に対する治療を受けることが一番です。

ただ、普段の食事内容や食生活を見直すことで、胃や腸への負担を減らし、症状を緩和させることは十分に可能です。


1.野菜や果物を積極的にとり、肉や揚げ物を減らす


野菜の写真

野菜や果物は、胃での消化時間が短く、胃酸の分泌量も少ないといった、胃の負担の少ない食材です。

ビタミンやミネラルといった、体を健康に保つ様々な栄養を豊富に含んでいます。


また、食物繊維が豊富で、腸内を掃除してくれたり、腸内細菌の善玉菌の割合を増やしたりと、便秘解消をはじめとした胃腸にとても良い効果が沢山あります。

野菜や果物を積極的にとり、肉や揚げ物を減らすことで、胃腸の負担を減らし、状態を良くすることができます。


その中でもキャベツにはビタミンU(キャベジン)が含まれていて、胃酸の分泌量を押さえてくれたり、胃壁の保護をしてくれたりと、逆流性食道炎に良い効果が沢山あり、また食物繊維も豊富なため、特におすすめです。


2.よく噛むことと、食後の過ごし方を変える


よく噛む女性

よく噛むことで食べ物が小さくなり、胃酸による消化を早めることができます。

また、噛むことで満腹中枢を刺激し、食べすぎを防ぐ効果もあります。


食後の対策としては、できるだけ食事と就寝の時間を空けることが大切です。

食後3時間は胃酸が増え、下部食道括約筋が緩み、逆流性しやすい状態です。


また、睡眠時に胃腸に食べ物が残っていると、寝ている間も内臓が働いているため、内臓疲労を招く原因にもなってしまいます。

そのため、仕事などの事情でどうしても夜遅くにしか食事が取れない方は、夜の食事量を減らしたり、肉や脂ものの量を減らすことで、調整してください。


まずは紹介したこれらの対策を取りいれてください。

それでも改善がみられない場合は、逆流性食道炎や過敏性腸症候群に対する根本的な治療を受ける必要があります。


逆流性食道炎と過敏性腸症候群に悩まされないために

逆流性食道炎や過敏性腸症候群は、一度症状が悪化してしまうと、長期化、難治化しやすい症状です。

症状のストレスによって、悪循環になってしまうケースも少なくありません。


ですが、引き起こしている根本原因をしっかりと改善していけば、決して良くならない症状ではありません。

一日も早く、症状を改善し、悩まされないようになってください。


→つらい逆流性食道炎の症状を改善するために、治療を受けたいとお考えの方は、当院の逆流性食道炎の施術をご覧ください


関連記事 こちらもおススメです。合わせてお読みください


長年悩んでいた逆流性食道炎が、薬を飲まずにいけるようになり治りました

患者さんの写真 その3

逆流性食道炎と肩こりに悩んでいました。

どうしても治したかったから、最後に行きつくところですというフレーズと体験談を見て、こちらにかけてみようと思いました。

治療に通って、長年悩んでいた症状が、薬を飲まずにいけるようになり治りました。

ずっと病院へ行っていたのに、行かずに自分の持つ力で体が良くなっている実感があります。

ぜひ来てみてほしいです。

東住吉区在住 R.Nさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


片道1時間20分をかけてでも、通院するだけの費用対効果があります

患者さんの写真 その16

1.股関節の痛み 2.便秘 3.逆流性食道炎

に悩んでいました。

通院に、片道1時間10分〜20分かかること、回数が重なることによる費用のことで迷いましたが、転居前に通院していた先生の紹介なので来院を決めました。

施術を受けて、改善を実感できます。

当初は1のみの目的であったが、2と3も改善されました。

費用対効果は大きなものがあります。

長い人生、この際に体質改善も含めて、来院して下さい。

阪南市在住 阪上 正敏さん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました

患者さんの写真4 伊丹市在住 M.Sさん

胃もたれ、むかつき、胃下垂、胃痛で、食欲があっても食べれない。

また、すぐに胃の不調が出るので、体の疲労感、寝ても疲れが取れないという悩みがありました。

20才前より胃に関して良いこと?(胃薬、ハーブティ、鍼治療など)を色々してきましたが、改善に繋がりませんでした。

遠方で、少し治療費も高いので、改善するか不安でしたが、年々体力も落ちていくので行くことを決意しました。

今では胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました。

時間も、お金も必要ですが、体が変わっていく喜びを感じられると思います。

伊丹市在住 M.Sさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


逆流性食道炎が徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました

患者さんの写真 A.Kさん

逆流性食道炎で、口の中、舌がヒリヒリ、のどに舌たいがひっついた感じがあり悩んでいました

インターネットでいろいろ探して、自宅から近く良さそうだったので、行くことにしました。

治療を受けていくと、徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました。

同じ症状の方、一度来院していただいたら良いと思います。

住吉区在住 A.Kさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


逆流性食道炎の治ったご自分を想像してください。

→メールでのお問い合わせはコチラ


大阪の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪市住吉区長居3-2-3

▲ページトップに戻る