病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

腰痛にお悩みの妊婦さんで、安全に整体を受けたい方へ

妊娠中は出産に向けた体の変化によって、腰痛が起こりやすい時期です。

妊娠中の女性にとって腰痛は起こりやすい症状で、調査によると78.9%もの方が、程度の差はあれ妊娠中に腰痛に悩まされることが分かっています。(妊婦および褥婦における腰痛の実態調査)


妊娠中は腰痛以外にも、体調不良や出産に向けた不安など、さまざまなストレスがかかってしまう時期でもあります。

お腹の中の赤ちゃんが居心地良く成長してもらうには、お母さんの状態を良く保つことが何よりも重要です。


妊婦さんの腰痛のイメージ写真

あなたは、このようなお悩みありませんか?

check1  腰痛がきつく、寝返りをうつのもつらい
check2 仕事をしているので、腰が痛くてもゆっくりできない
check3  股関節まで痛くなり、歩くのがつらい
check4 赤ちゃんへの影響が不安で、整体を受けれない
check5 痛みのせいでイライラがおさまらない


妊娠中は腰痛をはじめとした、体に様々な変化と不調が起きる時期です。

ですが、お腹の中の赤ちゃんへの影響を考えると、安易に薬は飲めないですし、治療を受けることに対しても不安がつきものです。


そのため、お腹が大きくなるにつれて、腰痛がきつくなっているにも関わらず、これといった対策が打てずに毎日つらい思いをしている方も少なくありません。

妊娠中に骨盤のゆがみや体のバランスを調整する整体を受けることは危険なのでしょうか?

また、なぜ妊婦さんは腰痛になりやすいのでしょうか?


妊婦さんが腰痛になりやすい原因とは?

妊婦さんがなる腰痛は、妊娠前期と後期によって、引き起こされる主な原因が異なります。

1.妊娠前期の腰痛


妊婦さんが腰痛で腰に手を当てている

妊娠前期は、出産できる体への準備としてのホルモンバランスの変化が起こります。

女性ホルモンの一つであるリラキシンというホルモンは、関節を緩める作用があります。


妊娠前期は、このリラキシンの効果によって骨盤や恥骨の関節が緩み、骨盤が開き、お腹の赤ちゃんが成長できるように体が変化していきます。

これに伴い、胎児は成長しやすくなるのですが、骨盤や恥骨の関節はゆがみやすくなります。


骨盤や恥骨は上半身の重みを支える中心的な役割を果たしており、関節が緩みゆがみやすくなると、腰痛を引き起こしてしまいます。


2.妊娠後期の腰痛


妊婦さんの立ち姿

妊娠後期では、ホルモンバランスの変化による関節の緩みに加えて、大きくなったお腹によって、重心の位置が前方へ変化します。

お腹が突き出た姿勢になることで、腰への負担が増大します。


また、妊娠中は平均的に体重が10キロ近く増えてしまいます。

関節のゆがみが生じやすくなった状態で、お腹が大きくなり腰にかかる負担も増えるため、腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。


妊娠中の腰痛は、日頃の負担に耐えかねて起こるぎっくり腰や、関節の炎症による仙腸関節炎、お尻や足にまで痛みや痺れのでる椎間板ヘルニア、坐骨神経痛といった、さまざまな腰痛が起こり得ます。


一般的な病院や治療院での治療法

一般的な病院では、主にシップの処方と安静が指導されます。


一般的な整体は、軽いマッサージやストレッチなどが行われます。


胎児への悪影響を避けるため、一部のマタニティ整体など、妊婦さんに対応した治療院以外では、産後体の状態が落ち着くまで安静を中心とし、十分な治療を施さないケースも多くみられます。


妊婦さんの腰痛に対する当院での治療法

当院では、腰痛を引き起こしている根本原因である、骨盤や恥骨といった骨格のゆがみを整え、問題を解消していきます。

妊婦さんの腰痛に対する施術で大切なことは、強い刺激を避け、崩れた骨盤や恥骨のバランスを整えることです。


妊婦さんに対する治療ももちろんですが、当院でのほとんどの治療が、ソフトな刺激で行われます。

そのため、妊婦さん以外にも、強い刺激が苦手、ボキボキするのが怖いという方、お年寄りにも安心して受けていただけます。


具体的な治療は、大きく分けて2つあります。


1.骨盤を整える

妊娠中の骨盤はデリケートな場所なので、むやみやたらと動かして良いわけではありません。

ですが、骨盤のバランスが崩れていると、背骨の安定性が悪く、関節や筋肉にかかる負担が軽減されません。


一時的に筋肉の緊張が緩んでも、日常生活とともに負担がかかるため、腰痛は改善されません。

そこで安全に骨盤を整える治療法で、骨盤を正しい位置に整えます。


2.恥骨や仙骨を整える

骨盤の前側にある恥骨は、腰はもちろん、股関節の動きにも大きく関係しています。

そのため、骨盤の前側のバランスを整えることは、腰痛はもちろん股関節の痛みを改善するためにも重要です。


妊娠中を腰痛なく過ごして、穏やかに出産を迎えるために

妊娠中は、腰痛をはじめ多くのストレスを抱えてしまいます。

赤ちゃんが健やかに育つには、お母さんの体も心も健康であるにこしたことはありません。


ですが、妊娠中の方が安全に受けれる整体が少ないため、痛みや不調を我慢して毎日つらい思いをして過ごしている方も少なくありません。

妊婦さんでも、高い技術力があり、ソフトな刺激であれば、整体を受けることは可能です。


だから、もしあなたが、妊娠中に整体を受けて大丈夫だろうか、と不安に感じているのなら、当院のようなソフトな治療法があることを知ってください。

一日も早く、腰痛や様々な不調を良くし、大切な出産に向けてリラックスして過ごせるようになってください。


妊娠中に骨盤を調整しても大丈夫なのかという不安もあるかと思いますが・・・

患者さんの写真 A.Kさん

妊娠してから、腰痛がひどく寝返りをうつのも大変でした。

仕事をしながらだったので、日中も安静に過ごすことができず、困っていました。

以前、妊娠していた時や産後もお世話になっていたので、特に迷いなく通院できました。

通うたびに腰痛がましになってきたり、寝る方向を言っていただき実践したりすることで、横になっても痛みが減って、とても楽に生活できるようになりました。

妊娠中に骨盤を調整しても大丈夫なのかという不安もあるかと思いますが、こちらでは体に合った刺激で調整をしていただけるので、胎児に影響なく治療を受けることができるので安心できます。

住吉区在住 A.Kさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


整体施術料金について

・初回の料金       9,000円(税込)

治療費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方は、問診、検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、別途初検料が3,000円必要となります。


・二回目以降の料金    6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


妊娠中の腰痛が治った生活を想像してください。歩けるようになり気持ちにも余裕が出る。痛みがなくなり、ゆっくり熟睡できる。安心して赤ちゃんと会える日を待てる。腰痛がないので、上の子の面倒もみれる。気分も良くなり、赤ちゃんにも良い影響がある。

大阪の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪府大阪市住吉区長居3-2-3

▲ページトップに戻る