住吉区の整体「創輝鍼灸整骨院」TOP > オスグッド 病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

オスグッド・シュラッター病がどうしても良くならない方へ

オスグッドは、正式にはオスグッド・シュラッター病といい、膝下の脛骨という骨に、度重なる負担がかかって痛みを引き起こすスポーツ障害の一つです。

良く勘違いされる方もいますが、骨自体が急激に成長することで痛む成長痛とは別物です。


オスグッドは走る、ジャンプするといった動作で痛みを感じるほか、膝を深く曲げる動作や、押したりぶつかるといった圧力がかかることでも痛みを感じます。

症状が酷くなると歩くことも困難になり、日常生活に支障をきたすケースもあります。


10歳から16歳ぐらいの成長期の男子に多くなりやすいのが特徴です。

よく走ったり、ジャンプする競技に多くみられ、特に発症しやすいスポーツには、サッカー、バスケットボール、野球、バレーボール、テニスなどがあります。

その中でもサッカーは、走る動作に加えてボールを蹴る動作によって負担がかかりやすいため、特に発症しやすいと言われています。


オスグッド・シュラッター病のイメージ写真

あなたは、このようなお悩みありませんか?

check1 痛みがキツく、練習を休まないといけない
check2 深く曲げると痛いので、ストレッチも十分にできない
check3 痛みのせいでおもいっきりプレーできない
check4 膝を地面に着くのが痛い
check5 練習を休むと楽になるけど、再開するとまた痛くなる


スポーツに真剣に打ち込み、練習量の多い方ほど、体にかかる負担は大きくなってしまいます。

オスグッドは、成長期の骨が未成熟なときに、膝に繰り返し負担がかかることで引き起こされます。


痛みがあると全力を出し切れないため、パフォーマンスも下がってしまう深刻な問題です。

また、レギュラー争いなどもあり、長期間練習を休んで安静にしていることもできません。


そのため、一時的に安静にすることで痛みが引いたとしても、治りきったわけではなく、練習を再開すると痛みが再発するという繰り返しになってしまうケースが少なくありません。

その結果、充実した練習ができずに良い結果が出せなかったり、競技を断念してしまう場合もあります。


サッカーボールを蹴ろうととしている写真

また、安静にしていれば確実に治るとも言えず、オスグッドを引き起こしている根本原因が解消されないために、ふとしたことで再発するケースもあります。

ですが、多くのオスグッドの方は、適切な治療を受けることができれば、練習をしながらでも改善していきます。

痛みを我慢したり、サポーターで一時的に抑えることよりも、根本原因に対する治療を受けることが重要です。


そのままにしていると、大人になって痛むケースもあります

成長期にオスグッドになった方が、大人になって膝に負担のかかる仕事に就いたり、スポーツを始めた時に、膝に痛みが出るケースがあります。

これは、負担が減っていたために痛みがなくなっていただけです。


オスグッド・シュラッター病のイメージ写真

オスグッドの発生部位である脛の軟骨は、すでに骨になって固まっていても、脛の骨の隆起や剥離といったオスグッドの状態が改善されたわけではありません。

その状態で生活動作による負担が増えると、大人になっても痛みが出てしまいます。

そのため、オスグッドは安静にしているだけではなく、根本原因から改善しておく必要があります。


オスグッドの一般的に言われている原因

成長期の骨はやわらかい軟骨でできていて、成長とともに硬い骨へと変化していきます。

オスグッドは、軟骨部分が硬く変化するまえに、筋肉によって強く、何度も引っ張られることで炎症を起こし、膝下がぼこっと隆起したり、また引っ張られる力が強くて、軟骨が剥がれてしまったりすることで発症します。


オスグッドの一般的に言われている原因には、次のものがあります。


1.太ももの筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性不足

成長期では筋肉や靭帯の成長速度に比べ、骨の成長が早くなっていると言われています。

そのため、骨の成長に対して、筋肉や靭帯の柔軟性が追いつかず、オスグッドを引き起こす要因となってしまいます。


また、度重なるダッシュやジャンプ、キックといった動作によって筋肉に負担がかかることで、筋肉が疲労、緊張し、柔軟性の低下を招きます。


2.過度な練習や強度の高い運動によるオーバーユース

1回2回の運動ならば痛みを引き起こさないような負担でも、繰り返すことによって負担が蓄積し、炎症や痛みを引き起こします。


一般的にはこれら二つの原因の複合によって、成長期にオスグッドが引き起こされると考えられています。


当院の考えるオスグッドの根本原因とは

オスグッドを引き起こす一般的な原因の、柔軟性不足やオーバーユースといった問題が大きく関係しています。

ですが、柔軟性不足やオーバーユースが原因なら、同じ競技で同等の練習量をこなしている同年代の選手は、みんなオスグッドになってしまいます。


オスグッドになってしまう要因として、柔軟性不足やオーバーユースは考えられますが、引き起こしてしまう根本的な原因としては、他にこの二つが考えられます。


1.筋肉のつき方や骨盤のバランスが崩れることで体重のかかり方が不均衡になる

多くのスポーツは、片側の動作が極端に多く、練習をすればするほど筋肉のつき方や骨盤のバランスに左右差を生んでしまいます。


オスグッドに悩まされやすいサッカーでも、軸足や蹴り足といった体の使い方に左右差があるのが特徴的です。

そのため体重のかかり方に左右差ができ、片側の足に負担がかかりやすい状態になっていることがオスグッドを引き起こす原因となります。


2.膝の関節のバランスの崩れ

膝の関節は、太ももの骨、下腿の骨、お皿の骨の3つで構成されています。

これら3つの骨が正しい位置にあることで、関節はスムーズに動くことができます。


ですが、スポーツによる反復動作や強度の強い負荷は、膝の関節のバランスを崩してしまいます。

前後や左右、捻れといった関節のバランスの崩れが起こることで、膝の滑らかな動きが妨げられ、より負担がかかりやすい状態になってしまいます。


このような膝の関節のバランスの崩れを抱えたまま練習をし続けることが、同じ環境や練習量でオスグッドにならない方がいるにも関わらず、症状を引き起こしてしまう原因となります。


一般的な病院や治療院での治療法

一般的な病院での治療は、まず第一に安静が指導されます。

痛みのきつい場合には、痛み止めの薬や、シップが処方されます。


テーピングをしている写真

一般的な治療院では、鍼灸、マッサージ、テーピングなどで負担を軽減させることが行われます。


サポーターやテーピングはオスグッドに効果的?

筋肉の補助をするテーピングや、圧迫することで関節や筋肉の補助をするサポーターは一時的に負担を減らし、痛みを緩和する効果があります。

ですが、これらに共通することは、使用することで痛みを引き起こしている根本的な原因を解消しているわけではないことです。


また、長期的に使用することで筋力の低下を招いたり、よりきつい左右バランスの崩れを引き起こす要因にもなりかねません。

痛みがキツイ時や、どうしても動く必要がある時などに、一時的に使うのは効果的ですが、今後のケガの予防やパフォーマンスアップなどを考えた場合、根本的な原因を解消する必要があります。


オスグッドに対する当院での治療法

当院では、問診や検査を通じて、筋肉や骨格など姿勢や関節のバランスのどこに問題があるかを把握します。

そこで見つけた根本原因である体重のかかり方の偏りや、左右バランスを整え、膝にかかる負担を減らしていきます。


また、膝の関節のバランスを整え、関節の動きを滑らかにします。

膝の関節の位置関係が整えば、関節は滑らかに動き、膝にかかる負担を減らすことができます。


これらの治療に加えて、体の状態や生活習慣に合わせた、再発させないための指導も行います。


オスグッドを良くし、再発させないために

オスグッドは一般的には年齢とともに治ると言われ、安静を第一としているため、運動量によって緩和や再発を繰り返します。

そのため、スポーツ選手にとっては基礎を作る大切な時期にも関わらず、痛みのためにおもいっきり打ち込めず、悩んでいる方が多くいます。


ですが、そういった方は引き起こしている根本的な原因に対しての治療を受けれていないだけの可能性があります。

筋肉や骨格のバランスといった根本原因を解消することで、練習を続けながらでも改善し、再発をしないケースは多くあります。


痛みストレスを感じず、スポーツを楽しめるようになってください。


整体施術料金について

・初回の料金       9,000円(税込)

治療費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方は、問診、検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、別途初検料が3,000円必要となります。


・二回目以降の料金    6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


オスグッド・シュラッター病の治ったご自分を想像してください。1.痛みなく練習ができ、嬉しい。2.深くしゃがめるので、動作の制限がなくなる。3.日常生活で痛くないので、ストレスがかからない。4.おもいっきりプレーでき、活躍できる。5.活躍する姿を大切な人に見せることができる。

住吉区長居の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪市住吉区長居3-2-3

→メールでのお問い合わせはコチラ


▲ページトップに戻る


大阪市の腸セラピー「創輝鍼灸整骨院」

住吉区の整体 創輝鍼灸整骨院