病院や整骨院に行って良くならない足底腱膜炎の長引く痛みや再発癖が、なぜ、当院の整体で改善し、安心してスポーツに打ち込めるようになるのか?病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

足底腱膜炎(筋膜炎)が長引き、治らない方へ

足底腱膜炎は、スポーツなどでの使い過ぎ(オーバーユース)が原因で引き起こされるスポーツ障害の一つです。

足底腱膜とは、足の指のつけ根から踵までを走っている腱膜という膜状の腱(非常に硬いゴムのようなもの)のことです。


その足底腱膜が、ウォーキングやランニングでの着地の際、繰り返し引っ張られることによって炎症が起き、痛みを引き起こします。

40代以降の人に多く見られますが、スポーツを本格的にしている競技者では、若い世代にもみられることが多い症状です。


ランニングやジャンプ動作の多いスポーツに加えて、足に負担がかかる長時間の立ち仕事をしている方にもみられます。

痛みの症状が長引くと、足底腱膜の付着部である踵の骨にトゲ(骨棘)ができるケースもありますが、近年の研究では、骨棘は必ずしも痛みの原因ではないとされています。


踵の痛みのイメージ写真

あなたは、このようなお悩みありませんか?

check1 痛みのせいで、走るのがつらい
check2 痛みがきついので、外出を控えている
check3 スポーツを続けれなくなるんじゃないかと不安
check4 足裏が痛いので、履きたい靴が履けない
check5 病院や整体に通ったけど、治らない


足底腱膜炎の初期の段階は、歩きはじめや走りはじめだけ、強い痛みを感じます。

症状が進行するにつれて、痛む時間が増えていき、走っている間や走り終わった後に痛みを感じるようになります。

深刻になると歩いている間、常に強い痛みを感じ、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。


踵の痛みのイメージ写真

足底腱膜炎の特徴は、初期の段階だと起床時や座っていて立ち上がった際の歩きはじめに痛みを感じ、歩いているうちに痛みが感じなくなることです。


そのため、動いていれば状態が良くなるからと負担をかけ続けてしまい、症状が進行してから、医療機関にかかる方が少なくありません。

一般的に症状が進行してからだと、足底腱膜炎は慢性化し、なかなか良くならないことが多いです。


痛みを引き起こす原因を抱えたままスポーツや日常生活を続けることは、さらなる悪化を招きますし、安静にして良くなったとしても、スポーツをすることで、すぐ再発してしまうことになりかねません。

足底腱膜炎(筋膜炎)が長引き、良くならない方は、痛みを引き起こす根本的な原因に対する適切な治療を受ける必要があります。


足底腱膜炎の一般的に考えられている原因とは?

1.使い過ぎ(オーバーユース)


踵の痛みのイメージ写真

ランニング時の足にかかる衝撃は、およそ体重の2〜3倍にもなると言われています。

その大きな力が繰り返し足底にかかることで、痛みを引き起こす原因になります。


2.体重の問題

体重が増えると足にかかる負担が増え、痛みを引き起こす原因となります。

近年のランニングブームに触発されて、ダイエット目的で急に走り始めた方が増えたため、足底腱膜炎がみられやすくなっているとも言われています。


3.年齢の問題

年齢に伴って筋力の低下や全身の柔軟性が低下することで、足への負担が増えます。

また、足底腱膜自体も年齢とともに柔軟性が減っていくことで、衝撃の負担を吸収する機能が低下し、痛みを引き起こす原因となります。


4.偏平足や甲高足(ハイアーチ)の問題


踵の痛みのイメージ写真

偏平足とは、足裏のカーブ(アーチ)がなくなり、足裏全体がべたっと地面についた状態です。

逆に甲高足(ハイアーチ)は足裏のカーブがきつくなった状態です。


足のアーチは、適度なカーブを描くことで着地の際の衝撃を吸収しますが、そのアーチが正常の範囲から外れてしまうことで、衝撃が適切に吸収されず、痛みを引き起こす原因となります。


5.地面の硬さの問題

運動場などの土の地面と比べ、アスファルトは非常に固いため、走っている際の反復した足への衝撃が増え、痛みを引き起こす原因となります。


6.すねやふくらはぎ、足裏の筋肉の柔軟性の問題


踵の痛みのイメージ写真

筋肉の柔軟性不足により、衝撃を吸収しづらく、負担がかかりやすくなり、痛みを引き起こしてしまう原因になります。

一般的には、足底腱膜炎はこれらの1つ、あるいは複数の原因によって引き起こされると考えられています。


一般的な病院や治療院での治療法

一般的な病院では、まず安静が指導されます。

足底板やサポーターが処方されるケースもあります。

痛みがきつく長引くケースには、痛み止めの処方やブロック注射が行われます。


一般的な治療院では、鍼治療や、マッサージ、ストレッチなどが行われます。


足底腱膜炎(筋膜炎)に対する当院の治療法

多くの治療院の場合、緊張している筋肉をゆるめるために、マッサージやストレッチといった施術が行われます。

これらは、もちろん大切なことです。


ですが、偏平足になった足のアーチを作ったり、足の関節のバランスを整えるといった、根本原因に対する治療を行えるところは、少ないのが現状です。


また、当院では一般的に言われている原因に加えて、骨盤のバランスが崩れ、体重のかかり方がアンバランスになっていることも、根本的な原因であると考えています。

日常生活で左右不均等に体を使っていたり、不良姿勢で運動していると、骨盤のバランスが崩れ、体重のかかり方がアンバランスになってしまいます。


その状態で走ることで、片側の足に余計な負担がかかり、足底腱膜炎を引き起こす原因となります。


当院では、問診や検査を通じて、アーチの状態や足の関節のバランス、骨盤のバランスの崩れを把握し、骨格のバランスを整えることで、余計な負担のかからない状態にしていきます。


その上で痛みを引き起こしている筋肉の緊張をとることで改善を図ります。

さらに、体の状態や練習の強度に合わせたストレッチなどの指導を行う事で、再発の防止も行っていきます。


病院や整体に行っても良くならなかった足底腱膜炎が良くなりました

住吉区在住 K.Sさん

病院で足底腱膜炎と診断され、安静にしていても良くなりませんでした。

他の整体に行っても、その時は楽になるけど、またすぐに痛みが戻り、もう良くならないのではないかと悩んでいました。

施術を受けてみて、これまでの所と違い、回を追うごとに良くなっていくことが実感できました。

なかなか良くならないとお悩みなら、一度来院してみて下さい。

住吉区在住 K.Sさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


飛び上がるほど痛い足底腱膜炎を、治してもらえました

平野区在住 F.Kさん

かかとが飛び上がるほど痛み、整形外科で足底腱膜炎と言われました。

ホームページで足底腱膜炎について詳しく載っていたので、行ってみる価値はあると思い来院しました。

足裏以外にも、たくさん具合の悪いところがあって、少しずつ治してもらえました。

今では、自分でも体の調子をコントロールできる様になりました。

痛くて困っている、どうにか楽になりたいと思う気持ちの強い方は、一度来院されてみてはどうでしょうか。

平野区在住 F.Kさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


このような方のお役には立てません

当院では、

「病院や整体に行っても良くならない」という方や、
「一時的ではなく、再発まで防ぎたい」と本気で良くしたいとお考えの方に

通院していただきたいと考えています。

そのため、

  • ・マッサージやリラクゼーションを目的とした方
  • ・1回で全てを治してほしいという方
  • ・こちらがお伝えした内容を、全く実践されない方

このような方のお役には立てませんので、ご了承ください。


整体施術料金について

・初回の料金       9,000円(税込)

治療費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方には、しっかりとした問診や検査を行うことで、症状を引き起こしている根本原因を見つけ、分かりやすく説明をするために、別途初検料3,000円をいただいています。


・二回目以降の料金    6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


お詫び:新規の方は1日限定2名様までです

新規の方は、通常の治療に加え、問診や検査、症状の根本原因についての説明をしっかりと行うため、2回目以降より時間を要します。

そのため、既存患者さんの予約枠確保のため、1日に多くの新規の方を受け入れることができません。


当院では、新規の方の人数を1日限定2名様までとさせていただきます。

あらかじめご了承ください。


よくある質問

治療は何分ぐらいですか?

治療風景

当院はリラクゼーション目的ではなく、治療を目的としているため、何分といった時間設定はしていません。

初回は、問診や検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、目安として45分程度になります。

2回目以降は、15分以内が目安となっています。


根本原因に対しての短時間治療なので、体にかかる負担を最小限にしつつ、効果を最大限に引き上げることができます。

お忙しい方や、遠方からご来院の方も、通院可能になっています。


どれぐらいの期間、通えばいいんですか?

説明をしている場面

症状の程度や、悩まされてきた期間によって、人それぞれ異なります。

初診時に、問診や検査をしっかり行い、あなたの症状を引き起こしている根本原因や、その問題を解決するために要する期間をお伝えします。


追伸:足底腱膜炎を良くして、痛みなく走れるように

足底腱膜炎のために練習に打ち込めず、安静にせざるを得ない方は少なくありません。

また、いろいろな治療を受けても改善がみられず、良くならないのかと諦めかけている方もいます。


ですが、そういった方は引き起こしている根本的な原因に対しての治療を受けれていないだけの可能性があります。

姿勢や骨格のバランスといった根本的な原因を解消することで、練習を続けながらでも改善し、再発をしないケースは多くあります。


スポーツに真剣に打ち込み、練習量の多い方ほど、体にかかる負担は大きくなってしまいます。

だからこそ、姿勢や骨格のバランスを整え、体に負担の少ない痛みや不調の出ない体にしておく必要があります。


痛みを気にせず、全力で走れるようになってください。


足底腱膜炎の治った生活を想像してください。1.しっかり練習できて、良い結果が出る。2.自分にあったケア方法を知り、再発が怖くない。3.足を気にせず外出できる。4.目いっぱい運動でき、気分も爽快。5.活躍する姿を家族に見せれて嬉しい。


→メールでのお問い合わせはコチラ


大阪の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪府大阪市住吉区長居3-2-3

▲ページトップに戻る