住吉区の整体「創輝鍼灸整骨院」TOP > テニス肘 病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

テニス肘で、仕事や家事に支障をきたしている方へ

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、手首や指の使い過ぎにより筋肉の付着部である肘の外側に痛みの出る症状です。

テニスのバックハンドで痛めることが多いため、テニス肘と呼ばれています。

最近では、パソコンでの手首や指の使い過ぎにより痛める方も多くなってきています。


テニス肘のイメージ写真

あなたは、このようなお悩みありませんか?

check1 マウスを使うのが痛いので仕事がはかどらない
check2 フライパンを振るのが痛いので、料理がしづらい
check3 物を持つときに激痛が走る
check4 サポーターをしているけど治らない
check5 痛みがひどいので、仕事を続けれるか不安


手首や指を使わずにできる、仕事や家事は少ないですよね。

だから、動作の度に肘の痛みが出ると、かなりのストレスになってしまいます。


テニス肘の方の多くが、安静にして使わないようにしたり、ストレッチやマッサージをして少しでも痛みを和らげようとします。

痛みがその時は楽になるのに、また使い始めると痛くなる。

そのような繰り返しをしている方は、多いのではないでしょうか?


では、なぜテニス肘は、痛みを繰り返す方が多く改善しづらいのか、『本当の原因』について考えていきましょう。


当院のテニス肘に対する考え方、治療法

一般的な病院での治療は、患部の安静、動作指導(手のひらを上にして物を持つなど)、サポーターで負担を軽減することや、シップ、消炎鎮痛薬などで痛みの改善を図ります。

一般的な整体院では、手首や指の動作に関係する筋肉のマッサージやストレッチ、筋力強化などが用いられます。


あなたが、このような治療で痛みが改善しているのなら良いのですが、繰り返しているようなら『本当の原因』を知ってください。


では、いったいテニス肘は、どうすれば痛みが良くなり再発しないのでしょうか?

テニス肘を引き起こす原因は、大きく分けて2つです。


まず1つめは、手首や指の動きに関係し外側上顆(肘)に着く『筋肉』の問題です。

この筋肉の状態を良くし、外側上顆(肘)にかかる負担を軽減させる必要があります。

これは、一般的な病院や整体院でも行われることです。


大切なのは、ここからです。

2つめは、肘の関節を構成する3本の骨のバランスの崩れや緩み、つまり『骨格』を整えるということです。


『骨格』のバランスが整っているから、骨に着く『筋肉』は緩んだ良い状態を保てます。

この問題を解決しないと『筋肉』に、いつも負担がかかる状態を強いることになるんです。


テニス肘の方は、仕事や家事などにより手首や指を使いすぎ、『骨格』のバランスにまで崩れを生じさせています。

多くのテニス肘の方が、痛みが長引いたり、なかなか良くなってこないのは、『筋肉』ばかりを治療し、この『骨格』の問題を解決できていないからなんです。

この痛みを引き起こす『本当の原因』を解決できれば、テニス肘はどんどん良くなっていきます。


あなたは痛みを我慢しながら、仕事や家事に集中できますか?

痛みなく集中できるから、効率も上がりはかどりますよね。

あなたの痛みを早く良くして、充実した時間を過ごしてください。


整体施術料金について

・初回の料金       9,000円(税込)

治療費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方は、問診、検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、別途初検料が3,000円必要となります。


・二回目以降の料金    6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


捻挫の治ったご自分を想像してください。1.パソコンをしていても痛くないので、仕事がはかどる2.フライパンを振っても痛くないので、料理がしやすい。3.物を持っても痛くないので、いちいち考えなくていい。4.サポーターをしなくていいので、わずらわしくない。5.仕事での痛みの不安がなくなり、嬉しい。

住吉区長居の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪市住吉区長居3-2-3

→メールでのお問い合わせはコチラ


▲ページトップに戻る