病院で「手術しかない」と言われ、整体でも良くならなかったTFCC損傷が、なぜ、当院の整体で改善し、安心してスポーツに打ち込めるようになるのか?病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

病院や整体に行ってもTFCC損傷が治らないとお悩みの方へ

あなたは、このようなお悩みありませんか?

  • check1 手首が痛くてスポーツができない
  • check2 サポーターやテーピングをしているけど、どんどん痛くなってきた
  • check3 手術をしても治るか分からないので、できればしたくない
  • check4 ドアノブを回すと痛いなど、日常生活にまで支障が出ている
  • check5 病院や整体に行っても治らず、このまま治らないのではと不安

TFCC損傷は正式には『三角線維軟骨複合体損傷』といい、手首の小指側に強い痛みやしびれを感じる症状です。

手をついて倒れたり、強く捻ったなど外傷的に受傷するケースと、野球や剣道、テニスといった競技で手首を繰り返し使うスポーツ障害として発症するケースがあります。


TFCC損傷の特徴は、一般的にとても治りにくい症状だということです。

当院でTFCC損傷で来院される方は、次のようなケースがよくみられます。


あなたも、このような経験をされていませんか?

スポーツをしていて手首に痛みを感じ、近くのクリニックを受診します。

TFCC損傷はレントゲン撮影では原因を特定されません。


そのため、症状が軽い段階では安静にしていて、シップや鎮痛剤で様子をみるよう指導されます。

しかし、可能な限り練習や試合を休みたくありません。


痛みを感じたままシップや痛み止めの薬を使ったり、テーピングをしながら競技を続けます。

痛みをガマンして無理をするため、次第に症状が悪化してしまいます。


スポーツでの動作はもちろん、ドアノブを捻るなどの手首を捻る動作に強い痛みを感じ、何もしてないときでさえ、ジンジンと痛むような状態になってしまいます。

あまりに状態が悪くなって、大きな病院に行き、MRIの精密な検査を行うと、TFCC損傷が発覚します。


そして、痛みや炎症などの症状が非常に強く出ているため、手術を薦められます。


手術というと、ほとんどの方は

「本当に手術しなくちゃ治らないんだろうか?」

「手術をしたら長期間スポーツを休まないといけない・・・」

「手術をして本当に治るのだろうか?」

というような強い不安を感じます。


そのため、当院に来院される患者さんは、

「手術をせずに治したい」

「できるかぎり早く、競技に復帰したい」

というような思いを持って来院されるケースの方がほとんどです。


当院では、このようなTFCC損傷に関しても、通院された方が改善していくケースは珍しくありません。

それは当院が、TFCC損傷の原因をしっかりと把握し、その原因を解消することができるからです。


当院の整体を受けた方の喜びの声をご覧ください

手術以外での治療が難しい手首の痛みが、スポーツを行えるほどまで回復して驚きました

堺市在住 D.Tさん

部活で手首をケガし、痛みに悩んでいました。

手術以外での治療が難しい(TFCC損傷)と聞いていたので、本当に治るのか不安だった。

こちらのホームページでの治療方針や、駅から近い立地で来院を決めました。

治療を受けて、2、3週間でスポーツを行えるほどまで回復して驚きました。

治療が難しいと言われている方も、あきらめずにがんばってください!

堺市在住 D.Tさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


TFCC損傷を引き起こす原因とは?

一般的によく言われるTFCC損傷の原因は、尺骨突き上げ症候群と呼ばれるものです。

これは腕の2本の骨の小指側、『尺骨』が長いため、動かすたびに靭帯や軟骨がぶつかり傷ついていると考えられています。


レントゲン撮影の検査を受けた時に、尺骨が親指側の骨に比べて何ミリ長いと言われたかもしれません。

ですが、実は2本の骨の長さが同じケースや、逆に尺骨が短いケースでも、TFCC損傷はみられます。

影響を与える要因の一つではあるのですが、尺骨突き上げ症候群だから、必ずTFCC損傷になるという訳ではないのです。


では、実際にはどのような原因が、TFCC損傷を引き起こしているのでしょうか?

当院が考えるTFCC損傷の主な原因には、次のものです。


手首周りの骨のバランスが崩れるから

スポーツで同じ動作を繰り返したり、転倒時などに強い衝撃を加えると、手首周りの関節のバランスが崩れます。

手首はとても複雑な関節で、腕(前腕)にある2本の骨と、手首にある手根骨という8つの細かい骨のバランスが、動きに大きく関わっています。


TFCC損傷の方は、これらの位置関係に崩れがあり、手首の動きに余計な負担がかかるようになってしまっています。


これらはレントゲンなどでは判断しづらい程度の問題ですが、実際には手首や指の動きに大きな影響を与えています。

あなたは、「関節のバランスなんて、本当に崩れるのだろうか?」と思っているかもしれません。


そこで一度、チェックしてみてください。

痛い側と痛くない側の、手首のシワの角度を比べてください。

TFCC損傷の原因である関節のバランスの崩れ

1.痛くない側は、ほとんどまっすぐにシワが走っていると思います。

2.痛い側は、親指側が下がって、斜めにシワが走っていることでしょう。


この『2』の状態が、腕(前腕)にある2本の骨や、手首にある手根骨という骨の位置関係の崩れを表しています。

これがTFCC損傷を引き起こす根本的な原因です。


関節のバランスが崩れた状態のままだと、たとえ手術をして症状が良くなったとしても、手首に負担がかかり続けるため、痛みを再発させてしまう原因にもなりかねません。


一般的な病院や治療院での治療法

一般的な病院での治療は、サポーターやギブスなどで固定をし、安静に過ごすことで痛みの緩和を図ります。

経過の良くないものには、痛み止めの服用やステロイド注射などで対応し、それでも症状がきついケースは手術対象になります。


一般的な治療院での治療は、手首に関係する筋肉のマッサージやストレッチ、テーピングなどが行われます。


TFCC損傷が当院の整体で改善される3つの理由

1.TFCC損傷の根本原因である、骨格のバランスを整えるから

多くの整体院や治療院でも、骨盤の矯正は一般的に行われるようになってきました。

しかし、繊細な調整を必要とする手首の関節のバランスを整えられる整体院は、ごく一部に限られているのが現状です。


当院では、前腕の2本の骨、手首の8個の骨を適切な位置へと整えます。

また、スポーツで痛みを感じる動作や、日常で支障が出ている動きなどを試してもらい、それでも痛みが出ない状態、不安を感じない状態まで、しっかりと治療を行います。


2.手だけでなく体全体を把握して治療するから

食事指導

当院では写真撮影の検査を行い、体全体のバランスはどのように崩れているのか。

姿勢はどのように悪くなっており、特に負担をかけている場所はどこなのかといった分析も行います。


痛みの原因が、痛い箇所だけにあることは非常に限られています。

手首に痛みを感じているTFCC損傷では、多くのケースでは背中が丸くなっていたり、右肩の動く範囲が狭くなっていることで、手に負担がかかりやすくなっています。


痛みを抱えている部分はもちろん、影響を与える他の場所にも問題がある場合は、骨格の調整を行うことで負担を減らし、再発を予防します。


3.日常生活指導や動作指導を行い、再発を防げるから

当院では、痛みが取れた状態がゴールだとは考えていません。

痛みが取れたうえで、再発の不安まで解消することを目的に治療を行っています。


そのため、必要と判断した場合には日常生活やスポーツにおける体の使い方などをお聞きし、その方に合わせた生活指導や動作指導を行うことで、再発を予防します。


TFCC損傷に対する当院での治療法

当院では、初回に問診や姿勢の写真撮影などの検査を行い、症状を引き起こしている根本的な原因を見つけます。

検査で分かったその方の原因に合わせ、ソフトな刺激で骨格の調整を行います。


また、TFCC損傷の間接的な原因である、肘や肩、姿勢に問題があった場合、これらを改善していきます。

必要であれば日常生活での体の使い方の注意点や、効果的なストレッチなどの指導も行い、再発を予防します。


このような方のお役には立てません

当院では、

「病院や整体に行っても良くならない」という方や、
「一時的ではなく、再発まで防ぎたい」と本気で良くしたいとお考えの方に

通院していただきたいと考えています。

そのため、

  • ・マッサージやリラクゼーションを目的とした方
  • ・1回で全てを治してほしいという方
  • ・こちらがお伝えした内容を、全く実践されない方

このような方のお役には立てませんので、ご了承ください。


整体施術料金について

・初回の料金       9,000円(税込)

治療費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方には、しっかりとした問診や検査を行うことで、症状を引き起こしている根本原因を見つけ、分かりやすく説明をするために、別途初検料3,000円をいただいています。


・二回目以降の料金    6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


お詫び:新規の方は1日限定2名様までです

新規の方は、通常の治療に加え、問診や検査、症状の根本原因についての説明をしっかりと行うため、2回目以降より時間を要します。

そのため、既存患者さんの予約枠確保のため、1日に多くの新規の方を受け入れることができません。


当院では、新規の方の人数を1日限定2名様までとさせていただきます。

あらかじめご了承ください。


追伸:TFCC損傷、治らないからと諦める必要はありません

TFCC損傷でお悩みの方は、症状がとても悪化し、手術を受けるしかないのだろうか、と不安を感じています。

ですが、そういう方にこそ、当院の治療法を知っていただきたいのです。


TFCC損傷は、引き起こす原因があり、それに対する適切な治療を施せば、改善されるケースは多くあります。


当院に来院された患者さんでも、

「手首を気にせずに全力でプレーできる」

「あれだけ消えなかった痛みがなくなった」

「もっと早く来ておけばよかった」

と多くの方に喜んでいただいています。


もしあなたが本当にお困りなら、ぜひ当院にご来院ください。

あなたのご来院、お待ちしています。


TFCC損傷の治ったご自分を想像してください。痛みを気にせずおもいっきりプレーできる。手術をせずにすんで、長期間練習を休まずにすむ。再発の心配なくスポーツを楽しめる。痛みをかばって痛くなっていた他の部分も楽になる。痛みのストレスがなくなり、気持ちに余裕ができる。

→メールでのお問い合わせはコチラ

大阪の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪府大阪市住吉区長居3-2-3

▲ページトップに戻る