院長 尾原秀祐

staff 写真

q1 なぜ治療家になったんですか?

a1 私が高校生の時、祖父が脳梗塞で倒れたんです。

日に日に弱って元気がなくなっていく姿、また、介護をする祖母や母の疲れていく姿をみて、何もできない自分がとても情けなく感じたんです。

その時に、体を良くする治療家になれば、病気やケガをした方だけじゃなく、結果的に周りのご家族も救うことができると考え、人の役に立ちたいと思ったのがきっかけです。



q2 経歴をカンタンに教えてもらえますか?

a2 鍼灸師・柔道整復師として勤務してきました。

1日平均120名以上も来院する整骨院と、ケガの処置、各種調整の技術レベルが高い整骨院の2軒で修行させてもらいました。

多くの痛みや不調でお悩みの方とふれあい、本当に人の体を良くするには、骨格・筋肉・内臓をトータル的にみることが必須だと感じました。

それをとことん追求し、本当に良くするための治療院を作りたいと思い開業しました。

ちなみに、創輝(そうき)という名前は、『あなたの本来の輝きを創る』という意味でつけています。



q3 休日はどんな過ごし方をしていますか?

a3 小さい子どもが3人いるので、公園で遊んだり、ショッピングセンターに行ったりしています。

仕事をしているよりハードに動かされています(笑)



q4 どんな思いで治療していますか?

a4 成果を上げることにこだわっています。

良くなってもらうことが、その方の喜びですし、私の喜びでもあります。

体のプロとして、その方の原因を見つけ、再発しない体づくりをします。



q5 今後の目標は?

a5 技術・人間性ともに磨き、自分自身が成長し、 スタッフの成長に関わり、数か所回って良くならなかった方が、1人でも多く喜ぶ治療院としてさらに発展させることです。



q6 これから出会う患者さんに一言

a6 あなたの痛み・不調、良くなることをあきらめていませんか?

今までいろいろ努力をされてきたと思います。

でも、やり方を間違えると、良い結果は出ません。

成果の上がる方法を知って下さい。

一緒に症状を良くして、再発しない体づくりをしましょう。



スタッフ 加藤 将太郎

staff 写真2

q1 なぜ治療家になったんですか?

a1 私は整骨院で技術を磨き、スポーツの現場でトレーナーとして活動しようと思っていました。

でも、実際に整骨院で患者さんに触れ、考えが変わってしまいました。

痛みを抱えてツラそうに来院された方が良くなり、嬉しそうに帰られるといった場面に毎日のように接しました。

『目の前で悩んでいる方に、どうにか良くなって欲しい』と思うと、みる症状が限られたスポーツの現場より、治療家になった方が多くの症状の方に喜んでもらえることができると思い、なりました。



q2 経歴をカンタンに教えてもらえますか?

a2 専門学校に通い、6年かけて柔道整復師・はり師・きゅう師の資格を取得。

その間に整骨院の現場で、多くの経験を重ねました。

同じ職場で分院長をされていた尾原先生の、高い技術と患者さんに対するやさしさ、人間性に憧れ、開業されるときに、ついていきました。

今はセミナーに参加して技術を磨いたり、勉強して知識を増やすことで、1日1日人に喜んでもらえるように努めています。



q3 休日はどんな過ごし方をしていますか?

a3 天気の良い日はサイクリングに出かけることが好きです。

大和川のサイクリングコースをのんびりと走っています。

風や川の音など、自然に触れると心がなごみます。

あと本を読みます。特に小説が好きで、面白い本に出会うと時間を忘れて寝不足になってしまうことも(笑)



q4 どんな思いで治療しています?

a4 毎回自分にできる最高の施術で治療にあたるよう決めています。

また、体の調子が悪いと、気分が落ち込んだり、不安になってしまいがちなので、精神的な面でもサポートしたいと思っています。



q5 今後の目標は?

a5 対応できていない痛みや不調を、少しでも早く改善できるようになり、一日でも早く快適な生活を送ってもらう。

いろいろな所に行っても良くならなかったと困っている方がいるのが現状です。私は、そのような方の希望になるような治療家になります。



q6 これから出会う患者さんに一言

a6 あなたは今、「どこに行くのが一番いいんだろう?」と迷っているかもしれません。

私から一言お伝えできるのは、「後悔させません」ということです。

痛みをこれ以上持ち続けないでください。


大阪の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

地図 大阪府大阪市住吉区長居3-2-3
痛みのない生活を想像してください。1.痛みのせいでガマンしていた、好きな所に行ける。2.痛みを気にせず、スポーツを思う存分楽しめる。3.姿勢がキレイになり、いつまでも若々しくいられる。4.痛みがないので、孫といっぱい遊んであげられる。5.痛みがないので、気持ちに余裕ができ人にやさしくできる。

▲ページトップに戻る